いらっしゃいませ。太宰府天満宮参道、梅ヶ枝餅(梅が枝餅)の茶房きくちです。

太宰府天満宮参道 茶房きくち
〒818-0117
福岡県 太宰府市宰府2-7-28
店休日について

0120-259-250

お店からのお知らせ

暦の上ではもう春、心が浮き立つ季節です

2020年2月4日

こんにちは、茶房きくちです。
 
2月に入り、暦の上ではもう春になりますね。
だんだんと暖かくなり、外に出るのが楽しくなる季節です。
 
太宰府天満宮では2月16日(日)に「池坊献華祭」が御本殿にて執り行われます。
10時より西鉄太宰府駅前から稚児と献華者たちの行列が艶やかに参進します。
その後、御本殿にて「献花の儀」が古式に則り執り行われます。
また、2月14日(金)~17日(月)には立花、生花、自由花それぞれの作品、
合計186点が奉納される「奉賛いけばな池坊展」が太宰府天満宮の回廊にて開催されます。
ご参拝の折には、どうぞご覧ください。
 
詳しくは →太宰府天満宮のサイト をご覧ください。
 
また、九州国立博物館では2月4日(火)〜3月29日(日)に特別展-ルネ・ユイグのまなざし「フランス絵画の精華」大様式の形成と変容-が開催されます。
 
古典主義〜ロココ美術〜新古典主義〜ロマン主義〜印象派誕生前夜までのフランス絵画が辿る3世紀を一望できる展覧会です。
フランス国内外の一流美術館からの油彩画の傑作が一堂に。
大変見ごたえのある展示になっています。
 
詳しくは →九州国立博物館のサイト をご覧ください。
 
 
さて、春といえばお花見が楽しみな季節。
実は太宰府市内には桜の名所がたくさんあります。
 
竈門神社では桜が満開の時期には夜間のライトアップもあり、とても幻想的な風景を楽しむことができます。
 
また、令和の里として一躍有名になった太宰府政庁跡や水城跡でも多くの桜を鑑賞することができます。
のどかな風景の中に続く桜のトンネルをゆっくりと散策してはいかがでしょうか。
太古の歴史に想いを馳せながら鑑賞する桜は格別ですよ。
 
もちろん、太宰府においでの際にはきくちにも是非お立ち寄りください。