いらっしゃいませ。太宰府天満宮参道、梅ヶ枝餅(梅が枝餅)の茶房きくちです。

太宰府天満宮参道 茶房きくち
〒818-0117
福岡県 太宰府市宰府2-7-28
店休日について

0120-259-250

茶房きくち便り

新元号発表されました!平成から令和へ

2019年4月8日

2019年4月1日、とうとう新元号が「令和」に決まったことが発表されましたね。
菅官房長官の発表をテレビの前で待っていた、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 
この「令和」という元号の典拠となったのが万葉集の「梅花の歌三十二首の序文」です。
この序文は8世紀前半に「大宰府」で開かれた「梅花の宴」の時に詠まれた歌32首につけられたもので、
このことから大宰府が「令和の聖地」として注目されているようです。
 
梅花の宴が開かれた歌人大伴旅人の邸宅は一説によると
大宰府政庁の北西部にある坂本八幡宮周辺に存在していたとのこと。
新元号発表以来、坂本八幡宮には注目が集まり、多くの参拝客が訪れているようです。
また、政庁跡東側に立つ大宰府展示館には「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマも展示されています。
 
新元号の発表をきっかけにさらに注目の集まる大宰府。
聖地を巡ることで万葉の時代に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。
 
また、九州国立博物館では2019年4月23日(火)から6月16日(日)まで
特別展:京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」が開催予定です。
”慶派スーパースター“快慶-かいけい-、定慶-じょうけい-、行快-ぎょうかい- の 名品が一堂に会します。
スーパースター達の作った名作を360度からゆったりと鑑賞できる上に、
今回は「六観音菩薩像」6体すべての写真撮影が可能となりました。
非常に見応えのある展示会になること間違いなしです。
 
ぜひこの機会に、九州国立博物館にもお出かけしてみてはいかがでしょうか。
  
もちろん、太宰府においでの際にはきくちにも是非お立ち寄りください。