いらっしゃいませ。太宰府天満宮参道、梅ヶ枝餅(梅が枝餅)の茶房きくちです。

太宰府天満宮参道 茶房きくち
〒818-0117
福岡県 太宰府市宰府2-7-28
店休日について

0120-259-250

茶房きくち便り

だんだんと暖かくなり、外に出るのが楽しくなる季節です

2019年2月8日

こんにちは、茶房きくちです。
 
節分が過ぎ、暦の上ではもう春になりました。
だんだんと暖かくなり、外に出るのが楽しくなる季節ですね。
 
太宰府天満宮では3月1日(金)~3月3日(日)、「春の銘酒展」が絵馬堂にて開催されます。
3月・11月の年2回、福岡県内の酒蔵から天神さまにお酒が奉献され、
福岡県酒造組合により絵馬堂にて展示、試飲、即売会が催されます。
 
また、3月3日(日)13時~14時45分頃、「曲水の宴」が曲水の庭にて執り行われます。
十二単をまとった姫をはじめ平安装束に身をつつんだ参宴者が和歌を詠み、お酒をいただく雅な神事です。
当日は観覧席もあるそうなので、ご興味のある方はぜひご参拝の際にご覧ください。
 
豊かな自然に囲まれた太宰府では四季折々の花も楽しむことができます。
 
太宰府天満宮は日本有数の梅の名所として知られており、
境内では様々な種類の梅の花を鑑賞することができます。
また、太宰府市内には桜の名所もたくさんあります。
竈門神社では桜が満開の時期には夜間のライトアップもあり、
とても幻想的な風景を楽しむことができます。
 
個人的にオススメなのが水城跡の桜です。
のどかな田園風景の中に続く桜のトンネルを散策することができます。
人もそれほど多くないので、ゆっくりと桜を楽しむことができます。
 
 
もちろん、太宰府においでの際にはきくちにも是非お立ち寄りください。
2階の喫茶スペースでは梅ケ枝餅にぴったりのお飲み物もお召し上がりいただけます。