いらっしゃいませ。太宰府天満宮参道、梅ヶ枝餅(梅が枝餅)の茶房きくちです。

太宰府天満宮参道 茶房きくち
〒818-0117
福岡県 太宰府市宰府2-7-28
店休日について

0120-259-250

茶房きくち便り

ジメジメした季節にはスッキリとした冷たいお飲物はいかがでしょうか

2018年6月8日

こんにちは、茶房きくちです。
 
6月に入り、これからはむしむししたお天気の日が続きそうです。
 
気温の差や湿度に体調を崩しがちな季節ですが
本格的に暑くなる時期に備えて、スタッフ一同体調に気をつけながら頑張っています。
 
ジメジメした季節にはスッキリとした冷たいお飲物はいかがでしょう。
おすすめは”冷たい深蒸し煎茶”です。
すっきりと飲みやすい冷たい深蒸し煎茶がこれからの季節にピッタリです。
 
梅ヶ枝餅とのセットもありますので、茶房きくちのカフェコーナーにお越しの際は
ぜひお試しください。
 
冷たい深蒸し煎茶セット500円
 
さて、太宰府天満宮では花菖蒲が見頃を迎えています。
6月17日までは夜間照明が行われるので、涼しい時間帯の散策もオススメです。
ミニコンサートも行われるようです。
詳しくは太宰府天満宮のサイトをご覧ください。
 
また、九州国立博物館では平成30年5月19日(土)から7月16日(月・祝)まで
「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」が開催されています。
 
スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)が収集した至上のコレクションが一同に会します。
近代美術の精華といえる作品64点を展示し、その約半数は日本初公開。
最も有名な少女像ともいわれる《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》、
スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートルを超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、
極め付きの名品で構成されるこの幻のコレクションを堪能することができます。
ぜひこの機会に、九州国立博物館にお出かけしてはいかがでしょうか。
 
もちろん、太宰府においでの際にはきくちにも是非お立ち寄りください。